カイユウの涙

興味あることを取り上げます

井村屋vsタカラトミー!あずきバーをかき氷にしよう!

まさかのコラボ!

リカちゃんやプラレールで有名なおもちゃメーカー タカラトミーから、井村屋あずきバー専用のかき氷機「おかしなかき氷井村屋あずきバー」が発表されました。(2017年6月29日発売)

f:id:caiyuu:20170530213915p:plain

おもちゃメーカーと食料品メーカーのまさかのコラボに、今、注目が集まっています。

でも、どうしてこの企画が持ち上がったのでしょう?そこには、井村屋あずきバーの硬さに秘密がありました。

世界一硬いアイス!?なんであんなに硬いのか?

井村屋のあずきバーと言えば、私たちが子どもの頃から冷凍庫で見かける定番アイスですよね。

あずきの自然な甘さが、他のアイスにはない日本の夏を感じさせてくれます。冬でも食べられるし、いつでも人気ですけどね♪

そんなとっても美味しいあずきバーですが「世界一硬いアイス」としても有名です。

他のアイスは乳製品や空気を加えて柔らかくしているのに対し、あずきバーは100粒のあずきを1本にぎゅっと均等に固めるため、密度が高く、大変硬くなってしまうのです。

なんとその硬度は、冷凍庫から出したばかりの状態ではサファイアに匹敵するとか。

あずきバーで歯が欠けた!」「あずきバーで釘が打てる」「あずきバーは凶器」SNSで溢れているそんな声がタカラトミーの制作担当者の目に入り、「ならば削ってみせましょう!」と今回の企画が持ち上がったとのことでした。

過去にはガリガリ君もかき氷に!

タカラトミーは2010年にも、ガリガリ君専用のかき氷機を作っていたため、そのときのノウハウを活かそうと考えていたそうです。

しかしながら、そこは世界一硬いアイス、完成品に至るまで、ハンドルが折れたり、刃の数を増やしたり、紆余曲折を経て7回もの試作を重ねます。

途中、井村屋から「難しいと思いますよ」と助言?されることも。

やり遂げたタカラトミー!さて、その出来栄えは?

こうした努力の末に完成した「おかしなかき氷井村屋あずきバー」は、ジョークグッズを遥かに上回る出来栄えで、あずきバーを新しい魅力を引き出してくれました。

井村屋のツイッターアカウントが「『おいしい』を損なわず、利用者の安全性も考慮し、そして『楽しい!』まで提供する」と太鼓判を押す完成度。

新しい和の味覚としてはもちろん、これまで硬さゆえにあずきバーを敬遠していた人も、これで安心して味わうことができますね。